私たちの生活は自動車の存在によって便利になり、豊かになりまし。しかしこの車社会において、車に関わる事故に遭遇する危険もあるということを認識する必要があります。そのために多くの人々は保険に加入し、そうした状況においても対応できるように備えることが必要になります。
では、車両保険に加入していれば、自然災害によって車が損害を受けた時にその祖損害をカバーしてもらえるのかどうか疑問に感じておられる方も少なくありません。実際のところ車両保険は様々な災害に対応しており、台風や、豪雨による風水災害によって生じた車の損害を補償しています。しかしながら、地震を原因とする災害に関しては基本的には対応していない状況にあります。
その理由となっているのは地震災害の発生規模が局所的なものではなく、同時多発的なものだからです。大きな地震が起きれば、その被害は台風などの被害よりもとてつもなく大きなものとなってしまいます。そのような被害を民間の保険会社だけで損害をカバーするのは実質的に困難になります。
しかしながら、大手損保の車両保険において特約として地震損害補償を付保している場合があります。
それで、自分の状況をよく考えて、よく保険会社に相談することが重要といえます。