よく「飲酒運転での事故は保険金が支払われない」と言われていますが、それは半分正解であり半分誤りです。
酒気帯び運転、あるいは酒酔い運転で事故を起こしても適用される保険もあるのです。それは、対人賠償保険と対物賠償保険です。
何故、この二つは使うことができるのかというと、これは運転手側ではなく被害者側の補償だからです。被害者救済の理念から、被害者に対しての保険は使えるのです。
逆を言うと自損事故保険、車両保険のように運転手側を補償する保険は使えません。
例えば、飲酒運転を行って運転ミスによって角が曲がりきれず民家の塀の一部を壊してしまい、自分の車も凹んでしまった、というケースでは民家の塀に対する補償はありますが、自分の車の修理にかかる費用の補償はありません。また、運転手が怪我をした場合において医療保険なども受けられません。
もし被害者救済が無かったら、運転手側は「酒気帯び運転がバレるし、民家の修理もしなければならないし、それなら逃げてしまおう」と当て逃げを引き起こしかねないためです。

しかし、これは自賠責保険の場合です。任意保険の場合では支払われないケースがあります。
それは、自動車保険の契約車両で、記名保険者以外の人物が事故を起こした場合です。この場合は適用されないのです。
保険の内容を確認し、どの場合に保険が支払われるか確認しましょう。