» 未分類のブログ記事

私たちの生活は自動車の存在によって便利になり、豊かになりまし。しかしこの車社会において、車に関わる事故に遭遇する危険もあるということを認識する必要があります。そのために多くの人々は保険に加入し、そうした状況においても対応できるように備えることが必要になります。
では、車両保険に加入していれば、自然災害によって車が損害を受けた時にその祖損害をカバーしてもらえるのかどうか疑問に感じておられる方も少なくありません。実際のところ車両保険は様々な災害に対応しており、台風や、豪雨による風水災害によって生じた車の損害を補償しています。しかしながら、地震を原因とする災害に関しては基本的には対応していない状況にあります。
その理由となっているのは地震災害の発生規模が局所的なものではなく、同時多発的なものだからです。大きな地震が起きれば、その被害は台風などの被害よりもとてつもなく大きなものとなってしまいます。そのような被害を民間の保険会社だけで損害をカバーするのは実質的に困難になります。
しかしながら、大手損保の車両保険において特約として地震損害補償を付保している場合があります。
それで、自分の状況をよく考えて、よく保険会社に相談することが重要といえます。

自動車を購入すると一般的に対物賠償保険に加入しますが、対物賠償保険の補償の対象となるのは「他人」の物に与えた損害です。従って、事故によって契約者やその家族の所有物が壊れたとしても保険金は下りません。

ちなみに、自動車保険でいうところの他人というのは被保険者以外の人のことを指します。そして、被保険者というのは契約者とその配偶者、同居している親族、別居している未婚の子どもになります。別居している親や既婚の子どもは被保険者には含まれません。

例えば、妻が運転者の時に自宅の車庫にぶつけたとしても補償はされませんが、夫の実家に帰省中に実家の塀を壊した場合は保険金が支払われます。ただし、保険金目当てに故意に事故を起こした場合は当然、保険金は下りません。ところで、同居親族間における事故で保険金が支払われない理由は、同居親族は経済的に同一であるため、賠償という概念上適切ではないからです。

なお、他人の物というのは個人の物だけを指しているわけではなく、店舗や会社、自治体の所有物も対象になります。従って、店舗の商品を傷つけたり、会社の施設を破損させたり、ガードレールを損壊させたりした場合にも補償対象になります。さらに、壊れた物の修理代や代替品の購入などの「直接被害」だけではなく、逸失利益などの「間接被害」も補償されます。

自動車保険は「保険法」などの法律によって、その運用のあり方が厳しく規制されています。保険は多くの契約者を募集することで保険料として資金を集め、その資金を株や債券などに換えて運用することを通して資金を増やすとともに、契約者に不慮の事態があった際には集めた資金のなかから被害に相当する金額を補償し、安心して生活ができるようにする仕組みです。そこには支払った保険料に見合った保険金の給付という、制度の公平さを支える理念が貫かれています。保険料を支払う際、過去の請求歴によって保険料が高くなったり、逆に自動車の使用距離が少なくリスクが低い人は保険料が割安になったりするのも、こうした公平さを支える工夫のひとつとなっています。
自動車保険では、免責事由として補償を行わない場合もいくつか定められていますが、そのなかには制度の公平性をゆるがしかねないケースが多く含まれます。「故意の事故」はそのひとつで、保険金詐欺が目的でわざとケガをしたり、法律に違反しているのがわかっているのに酒酔い運転で車を衝突させた場合などが典型的です。こうしたケースについては、補償を行うことで他の契約者にとって不公平になることが明らかで、制度を維持できなくなるおそれが強いことから、あらかじめ免責とされているものです。

物損事故に対する対物賠償保険は、賠償額を無制限とする事や、5,000万円、1,000万円等、様々に選択可能な商品が用意されている環境にあるとの認識です。
普通の場合にあって、第三者の所有物に損害を与える事故をイメージするのは、車同士の事故、民家に被害を与える事や、付随する塀等、想定する場合が多いとの考えですが、このような事故で、人身が絡まない場合にあっては、賠償額1,000万円程度の保険で、十分対応可能であるように考えられそうです。
けれど、車同士であっても、相手が営業車両で、運搬している商品が高額であり、その全てを保証する等、事故の状況により、賠償額も変化する事になるでしょう。
このように、第三者の物に損害を与え、賠償の責任を負う事は、通常の範囲を大きく逸脱する事態をも想定する事が不可欠な要因であると考えます。なぜなら、不本意な請求額である。と、疑問を呈する事案であっても、裁判の判決が下れば、その決定に従う以外の方策は閉ざされる結果となるからです。
事故をこのように捉えると、保険の最終目的が、不測の事態を賠償額の面で回避する事となりますので、不測の事態にも、十分な対応が可能である事にも配慮し、賠償金額を決定し、加入する事が望まれると考えます。

 

自動車を運転する人の義務として、強制保険が存在しております。当保険制度は、自動車事故により発生した、第三者に対する、賠償責任を全うする事を目的とし、自動車を保有する場合に、自動車の保有者に対し、義務として加入する、強制力を有する保険制度です。
自動車を運転する場合には、交通事故を想定する事を無視する事は、困難であるとも考えられますので、事故に対する賠償を想定した、様々な保険商品が販売されている現状にあり、これら保険商品は、任意保険と呼ばれております。
任意保険を検討する場合、その注意点としては、現状の保険商品は、第三者に対する賠償責任に対する備えとする商品が、主流となる傾向も見受けられるとの認識です。
よって、この場合には、自分の車が破損した場合にあっても、自分の体に不具合が発生した場合にあっても、自分の損害に対する保証は、全て対象外となるのです。
つまり、自分の保証には一切触れる事無く、第三者の保証に、その全てが充当されるのです。けれど、交通事故には、事故に対する責任に対し、過失割合が存在しますので、例えば過失割合が50%である場合には、双方が、損害を互いに賠償する事も可能となるのです。
けれど、万全を期す為には、自分の損害を保証する保険も存在しておりますので、加入時に検討する事で、後日の備えとする事も選択肢に含まれると考えます。

私たちの日常生活を便利にしてくれている自動車。
日々の買い物や荷物運び、移動や送迎など、日常生活における便利な足として、私たちの生活向上に大いに役立っています。

便利に利用できる自動車ですが、安心して乗るためには任意保険への加入が必要不可欠だと言っても過言ではありません。
自動車に乗る場合、自賠責保険という保険に加入することが法律で義務付けられています。しかし、自賠責保険は対人に対して一定額までの補償しか対応できないため、安心感という意味では不十分と言えます。
保険会社と契約をして任意の自動車保険にも加入するのが賢い方法と言えるのです。

任意保険では運転者本人や同乗者に対する補償、それに補償金額を無制限として対人賠償保険や対物賠償保険を付けておくと良いでしょう。
対人はもちろん、対物も無制限補償としておいた方が安心です。例えば、飲食店などの店舗に突っ込む事故を起こしてしまった場合、店の修繕費用はもちろん、営業ができない期間の営業利益の補償も加えてする必要があります。そのようなケースの場合、補償費用が高額となるケースも多く、実際に裁判で高額請求が認められる判例も数多くある為です。

自動車に乗る際には、しっかりと保険をつけて安全運転をしたいですね。

自動車事故は、被害を与えたものが人か、物かといった区別によって、大きく「対人事故」と「対物事故」とに分かれます。一見すると「対人事故」のほうが法律上の損害賠償額が高額になりそうですが、そうとも言い切れない事情があります。例えば、沿道の店舗に自動車が突っ込んで、修理するまでの間、営業ができなくなってしまったような場合です。
この場合、店舗の建物そのものの修理費用は当然に対象となりますが、そのほかにもさまざまな費用が含まれることになります。本来であれば店舗を休業中に得られるはずであった分の営業損失や、休業中の従業員の給料、店舗の中に陳列されていた商品で破損したものの弁償代などが挙げられます。その損害は商品が高額であれば相当の規模にのぼりますし、現にこうしたケースでは、事故後の民事裁判によって、1億円を超えるような高額判決が出された経緯があります。
店舗ではなく、衝突したトラックの積み荷が高価な商品であった場合や、車両の単価が高額で、しかも営業上の損失も膨大となる電車に衝突した場合なども同様になります。こうした事態に備えるためには、対物賠償保険で保険金額を無制限として契約しておくことが望まれます。

よく「飲酒運転での事故は保険金が支払われない」と言われていますが、それは半分正解であり半分誤りです。
酒気帯び運転、あるいは酒酔い運転で事故を起こしても適用される保険もあるのです。それは、対人賠償保険と対物賠償保険です。
何故、この二つは使うことができるのかというと、これは運転手側ではなく被害者側の補償だからです。被害者救済の理念から、被害者に対しての保険は使えるのです。
逆を言うと自損事故保険、車両保険のように運転手側を補償する保険は使えません。
例えば、飲酒運転を行って運転ミスによって角が曲がりきれず民家の塀の一部を壊してしまい、自分の車も凹んでしまった、というケースでは民家の塀に対する補償はありますが、自分の車の修理にかかる費用の補償はありません。また、運転手が怪我をした場合において医療保険なども受けられません。
もし被害者救済が無かったら、運転手側は「酒気帯び運転がバレるし、民家の修理もしなければならないし、それなら逃げてしまおう」と当て逃げを引き起こしかねないためです。

しかし、これは自賠責保険の場合です。任意保険の場合では支払われないケースがあります。
それは、自動車保険の契約車両で、記名保険者以外の人物が事故を起こした場合です。この場合は適用されないのです。
保険の内容を確認し、どの場合に保険が支払われるか確認しましょう。

自動車保険のなかでも「対物賠償保険」と呼ばれる契約は、自動車を運転中の事故で他人の財物を破損、汚損、滅失するなどして法律上の損害賠償責任を負ってしまった場合に、その賠償額に相当する金額が保険金として支払われるものをいいます。
この場合の財物というのは、一般には相手の車両のことになりますが、事故によってはそのほかにも道路沿いの住宅や店舗、ガードレール、信号機、電柱などといったものが想定され、これらの修理代や危険防止のためレッカー移動させた費用などについても補償内容に含まれています。
また、対物事故の場合には、物そのものではなく、事故に伴う休業損失や営業損失といったものも損害賠償責任の範疇となります。例えば、衝突事故によって店舗が破壊されたために開店できなかった期間に得られたであろう売上げや、相手のトラックや貨物車が稼働できなくなった期間の収入の減少などが該当します。
対物賠償保険では、こうしたものについても幅広く補償されますが、あらかじめ保険金額が無制限以外に設定されている場合には、その保険金額の範囲内までの保険金が支払われることになります。近年では電車との衝突事故などで数億円規模の賠償を求められた事例もあるため、対物無制限として契約するケースも多くなっています。