物損事故に対する対物賠償保険は、賠償額を無制限とする事や、5,000万円、1,000万円等、様々に選択可能な商品が用意されている環境にあるとの認識です。
普通の場合にあって、第三者の所有物に損害を与える事故をイメージするのは、車同士の事故、民家に被害を与える事や、付随する塀等、想定する場合が多いとの考えですが、このような事故で、人身が絡まない場合にあっては、賠償額1,000万円程度の保険で、十分対応可能であるように考えられそうです。
けれど、車同士であっても、相手が営業車両で、運搬している商品が高額であり、その全てを保証する等、事故の状況により、賠償額も変化する事になるでしょう。
このように、第三者の物に損害を与え、賠償の責任を負う事は、通常の範囲を大きく逸脱する事態をも想定する事が不可欠な要因であると考えます。なぜなら、不本意な請求額である。と、疑問を呈する事案であっても、裁判の判決が下れば、その決定に従う以外の方策は閉ざされる結果となるからです。
事故をこのように捉えると、保険の最終目的が、不測の事態を賠償額の面で回避する事となりますので、不測の事態にも、十分な対応が可能である事にも配慮し、賠償金額を決定し、加入する事が望まれると考えます。