対物賠償保険というのは、車を運転中の事故で他人の財物に損害を与えてしまって発生する損害賠償を保障する保険です。
公道を走る車両は全て自賠責保険つまり矯正保険に加入が義務づけられていますが、自賠責では最低限の人身補償はされても対物保障は一切ありませんので物に対する賠償を保障する保険が必要になるのです。
他人の財物に損害を与えてしまうケースはいろいろあります。例えば信号待ちの間に前にいた車に追突して車両を壊してしまったり、お店などに突っ込んでしまうなどです。お店に突っ込んでしまった場合は、店舗そのものの損害に加えて休業した期間の損害賠償についても請求されてしまいます。車両や店舗そのものの損害は直接損害、店が損壊したことで営業できなくなる損害は間接損害と言います。対物事故で発生する損害賠償を保障する保険では、直接損害・関節損害ともに補償の対象になっています。ですから、強制保険の自賠責だけではなく対物事故の時に保障される賠償穂保険に任意で契約しておくことはどうしても必要です。
また対物賠償の保険にも無制限保障がありますから、無制限プランで契約しておくとより安心です。高級車の全壊や、線路で事故を起こして電車が不通になってしまったような場合でも対物賠償の保険で補償が受けられるからです。